アレルギー性鼻炎の症状は辛い|キチンと改善で健康家族に大変身

医者

アレルゲン除去と鼻うがい

インテリア

原因とアレルゲンの除去

今や日本人の現代病である「アレルギー性鼻炎」ですが、花粉症とアレルギー性鼻炎はよく区別がつきにくいと言われています。花粉症の場合はある特定の花粉に反応し、そして花粉が飛ぶ季節に限定されます。しかしアレルギー性鼻炎はほとんどの場合「通年性」であり、季節に関係なく一年中起こりやすい症状であります。しかもアレルゲンは花粉に止まらず、ダニやカビを含むハウスダストや気温・湿度の変化にも過敏に反応します。ですから鼻炎患者のおられる家庭はこまめにアレルゲンの除去をする必要があります。室内及び寝具を丁寧に掃除機をかけます。昨今では布団専用のクリーナーもありますが、一般の吸引力の強い掃除機でも時間をかければ十分ダニの死骸や糞を吸い取ることができます。天気の良い日は外に干して、雨天のときは乾燥機を用いると良いでしょう。

予防に効果的な鼻うがい

ではアレルギー性鼻炎で苦しまないためには、アレルゲンの除去以外に何があるでしょう。それは「鼻うがい」です。文字通り鼻を洗浄するのですが、ただの真水では鼻腔を通りにくく、ツーンと痛みが来るので「生理食塩水」を使います。水250ccに対して塩を2g強で作ります。水は一度煮沸してカルキを飛ばして冷ました「人肌くらいのぬるま湯」の方が、更に鼻に負担をかけずに洗うことができます。これを片方の鼻の穴から通して口から出します。最初はむせることもありますが、すぐに慣れて簡単にできるようになります。これはアレルギー性鼻炎だけでなく、蓄膿症や風邪、そして花粉症の予防にも効果があるのでぜひともお勧めしたい予防法です。最近では専用の器具がありますので、医師や薬局で相談の上で使用すれば更に効果が上がります。ただしこの方法はあくまでも予防であり、治療方法とは異なります。しかし軽い鼻づまりの段階であれば、鼻うがいで症状が治まった方もおられます。しかし、これらのような予防を行なっていてもアレルギー性鼻炎は発祥する事があります。そのよいな場合は、早急に耳鼻科を受診しましょう。